So-net無料ブログ作成

受容とは・・・ [思い]

受容とは物事をありのままに認め、受け容れることである。


より深く理解する為には、敢えてネガティブな思考をする勇気も必要だが、それによって将来の生き方を限定してはいけない。


受容とは、困難な状態が続くのを我慢するここではない。今、目の前にある事実を否定してはいけないということだ。


自分は完全になる価値がない、それほど「いい」人間でないという深く刻まれた思い込みを、本当にそうなのかと見つめなおすことでもあり。


受容とは自分に思いやりを持つ事である。


言い方を知らなければ、どう頑張ってもノーと言えません。でも、ノーと言うことができない人間に(頑張ってと無理じいなく)、思いやりを持つことは出来るはずです。


自分に対して興味と思いやりを持つことは、自分の中に発見したすべてを好きになることではない。
何かに苦しみ、助けを必要としている他者に与えるだけの、無条件の思いやりを持って自分を見つめるだけで良いのである。




身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。